press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/5

2022年6月5日

​OPEN

ロゴ しんぴお文字(白).png
 
「神秘」×「共生symbiosi」=しんぴお
「しんぴお」とは
  ホタルや古墳など神秘的なイメージを持つ資源がある北房。
「神秘」と「共生」を意味する英語「symbiosi(シンビオシス)」を組み合わせた造語。
里山里海交流館 しんぴお
『里山真庭から 海を守る』をテーマに、鍾乳洞の一滴から始まる水が海までたどり着くストーリーを知ることができる施設。

「多目的ホールほたるび」では、環境学習や立体映像体験ができます。
さらに加工室を備えており、里山と里海の食材プログラムも体験できます。

北房観光協会では、ホタルや川といった資源を活用し、「里山と里海のつながり」「森里川海の連環を知るプログラム」を実施します。

また、2021年9月に備前市日生にオープンした、同じく渚の交番施設「ひなせうみラボ」と連携し、里海里山の交流事業を展開します。
 
ロゴ ほたるび文字(黒).png
「世界初のVR動画を実写投影」
ゴーグルを付けなくてもVR映像が体感できる、スペイン製プロジェクターと、VR サウンドを導入!

学習動画では、北房のホタルや鍾乳洞、古墳などの魅力とともに、 500万年前の古代から現代までの「人と自然の共生」を子ども達にわかりやすく学べる内容になっています。

[入館料]
大人:300円
子供:200円
​未就学児:無料

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/4
 
 
ほたる庵(黒).png
隣接の古民家レストランでは里山と里海の食材を使ったメニューがあります。

お米は牡蠣殻を使い真庭で育た「真庭里海米」を使用しています。

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/4
渚ロゴ.png
横長_edited.png
渚の交番プロジェクトは、日本財団が海洋教育の一環として進める事業で、海を知り、海に親しむ環境づくりを行うもの。

「海と人を結ぶ」ための拠点をつくり、その拠点をベースに教育や体験のプログラムを実施するもの。
 

里山里海交流館しんぴお
716-1433 岡山県真庭市下呰部664
TEL / 0866-52-5656
Mail / info.hokubo@gmail.com